KAYAC DESIGNER'S BLOG

面白法人カヤック意匠部(デザイナー)による、デザインのよもやま話。

面白法人カヤックのインターンシップでできること。

こんにちは!

カヤックの意匠部でUIデザイナーをやっています岩瀬です。 面白法人カヤックではいつでもインターンシップに参加いただける方を募集しています。

先日参加してくれた方もありがたいことにブログ記事を書いてくれました。 本当に感謝です。 僕たちもいい刺激をうけていますし、いつもたくさんの気づきをもらっています!

特にいま学生の方に、カヤックのインターンシップをもっと知っていただきたいので、 ソーシャルゲームチームのデザイナーの場合、実際どんなことをやっているのか?をご紹介しますね。

正直に全部お見せします。

カヤックの実際の仕事場の雰囲気、鎌倉や横浜のいろんなオフィス、チームメンバー、社内SNSなど包み隠さずオープンにします。 日常的なミーティングも可能な限り(基本的にはすべて)オープンで参加可能ですし、 なんでも聞かれたら全部正直に答えます。

やっぱりどんな場所で、どんな人が、どんな思いで日々仕事してるのか、気になりますよね。 ランチのときには、鎌倉の街の雰囲気も感じてもらえたら嬉しいです。

20代のメンバーが多いので年齢も近くていろんな人と話しやすいと思いますし、 職能の壁や上下関係がほとんど感じられないと思います。

その一方で、 「うわーインターンの人来てたのに、今日はまずいところ見せちゃったかも」 っていう場面もありました。

たとえば、 仕事でやりにくいことがないか、とかこれが最近モヤモヤしているなどを プロジェクトメンバー全員で話すミーティング「本音を話す会」を開催しているのですが、 インターン期間中ちょうどそれに当たってしまったこともありました…

真剣にものをつくっているとミーティングで ついついストレートな物言いになってしまったりすることも(たまに)よくありますよね。

でもお互いを信頼してるゆえの発言や指摘だったりするので、 別にその後険悪になったりしません(笑) ま、初めて見るとちょっとびっくりしてしまうかもしれませんね。

これは入社後「思ってたのと違う!」というミスマッチをなくしたいということに加えて、 僕たちも選ばれる立場なので、つくろわず、誠実にお見せしたいという思いがあります。

お願いするのは、3年後チームのエースになったときにやる仕事

大切にしているのは、「作業」をしてもらわないことです。 デザイナーだったら、簡単なパーツ作成、データ整理、書き出しなど アウトプットが見えている単純な作業があると思いますが、 それらはインターンではまったくやりません。

理由は色々あるのですが、 せっかく学生時代の貴重な時間を割いてもらっているのに インターンでそれをやっても楽しくないかな、というのが一番の理由です。 (そのアウトプットを見る方もちょっと面白くないですしね)

デザイナーの仕事の本質的な部分、ハイライトともいえる部分をまず体験してほしい、 ということを考えて、その人に合わせて毎回ハイレベルな課題を設定しています。

ソーシャルゲームのUIデザイナーであれば、 新規機能をまるまる一つ、アイディアから考えてもらったり、 グラフィッカーなら新しいキャラクターのコンセプトメイクからしてもらったり、 という具合です。

期間はだいたい3日~5日ぐらいです(笑)

「いや、それだとエースでも終わらないでしょ」ってぐらい時間は短いのですが、 限られた時間の中でひととおりやりきることが大事なので インターン期間はだいたい1週間以内ぐらいに設定しています。

でもハードルをあげたいという意図は全然なくて、課題が100%できなくても構わないと思っています。 チャレンジする気持ちや仕事を楽しむ気持ち、カヤックで仕事したら面白がってくれるかな? みたいなところを見ています。

ブレストしましょう!

カヤックはブレストを大切にしている会社です。 課題に関係ある/なしにかかわらず、1回でもカヤックのブレスト体験をしてもらいたいです。 そしてできれば、自分からみんなにブレストを仕掛けてみてほしいです。

カヤックが「面白法人」と名乗っているのは 面白く働こう、なんでも面白がろうという意志の表れでもあります。 それを体現しているのがブレストなんです。

その点が、他の会社でいうアイディア出しのブレストとは少し違っているところで、 お題をみんなで面白がる行為が先にあって、そのあとでアイディアを拾っていく イメージでしょうか。

参加メンバーによっては、どんどん大喜利になっていき、 「めっちゃ面白かった!」「最高!」「で、お題なんだっけ?」ということもあります(笑) それはそれで企業理念のひとつを体現してると思うので、 僕はいいんじゃないかと思ってますが..

インターンに参加してくれた人へ

ご縁は始まったばかりなので、何度でも来てください。

こちらでもご案内しているのですが、カヤックではインターンやアルバイトも含めて 求人に対するご応募は、何度いただいて構いません。

そもそも僕は、採用面接において受かる、落ちるというコトバが好きじゃないのですが 考えた末に不採用通知をお送りすることもあります。

作品がダメとか、人格否定しているわけでは決してありませんので 「どうか呪わないでください!」と本気でいつも思っています。

カヤックで活躍できそうか=面白く働けそうか、が大事なので、 君にはカヤックよりもっと合ってる会社があるんじゃない? とか やりたいことちゃんと決まってる?もうちょっと考えたら? という意味でオススメしないこともあります。

作品や成果物はしっかり拝見していますが 実は現在のスキルはそれほど重要視していません。

とはいえ、ポートフォリオの作品は、どれぐらい考えたかとか、どれほどこの仕事に情熱をもって取り組めるか、 などが素直に表れてしまうので、そういう意味では作品から判断している部分も大きいです。 表面的な作品の出来映え(=スキル)が大事ではないってことです。

カヤックの意匠部では、素直に相手の意見を聞ける人(変化できる人)、いっしょに努力できる人の2点を判断基準にしています。

さいごに..

自分の周りにUIデザイナーやWEBデザイナーがいないからよく分からないまま就活をしている人がいたら、 僕にご一報いただけたらなんでも相談に乗ります!

僕自身の就活はというと、3年生の秋から始めた就活が4年生の夏になっても、寒くなっても全くうまくいかず、 「これはもうポートフォリオ全部つくりなおすしかない!」ってなって ようやく就職が決まったのが4年生の3月で、それまで本当にツラかったんですが、 就活生のみなさん、どうかめげずに(そしてあまり深刻化せずに!)就活を面白がってください。

インターンのご応募はこちらから!

画作りだけじゃない!デザイナーがサービス成長のためにできること

面白法人カヤックで「Lobi」のデザイナーをしているバッコです。

サービス開発において、以下のような悩みはないでしょうか。

  • 何ヶ月もかけて作った機能が使われない
  • 細かい改善を繰り返しても効果が出ない
  • 施策の知見が溜まっていかない

Lobiチームではそういった問題が起こらないように、以下の4つのことに取り組んでいます。

続きを読む

ポートフォリオを「作品集」と呼ぶのやめよう

デザインの勉強をされている学生のみなさん、こんにちは。 面白法人カヤックという会社でソーシャルゲームのUIデザイナーをしています岩瀬です。

この春大学4年生になった人、就職活動は順調ですか? デザイナーやゲームクリエイターなどのクリエイティブ職を目指すなら「ポートフォリオ」が必須ですよね。

いきなりドライなこと言っちゃうんですが、 ポートフォリオは「あなたの個性を表現する作品集」ではない ってことを今日は書いてみたいと思います。

まだポートフォリオってピンとこないな~って人は、 ぜひこれからのポートフォリオづくりの参考にしてもらえたらと思います。

続きを読む

小さなUI改善が巡り巡ってサービスの成長に貢献すると思ったので

UI改善チームを発足しました

はじめまして。

面白法人カヤックで「Lobi」のUIデザイナーをしているバッコです。

Lobiはスマホゲーマー向けのチャット&ゲームコミュニティサービスで、その前身である「ナカマップ」のリリース日から数えると今年で7年目を迎えます。

www.kayac.com

続きを読む